カテゴリ:作る-いろいろ( 13 )

夏休みのウッド・カーヴィング

9月に入りました。
浴衣を洗い、真夏の洋服たちをたたんで、
楽しかった夏を振り返ります。

空もすかっり秋の雲。

運動会、稲刈り・・・と秋のイベントが控えています。
わたしは、ヒヨドリに先に食べられてしまわないよう
ブルーベリーをせっせと収穫して、ジャム作りに励んでいます。

さて、夏休みに、上の子が挑戦したウッド・カーヴィング。
昨年の夏に続いて、
今年も「何を作ろうかなぁ・・・?」と、とても楽しみにしていました。
指導は、子ども達に大人気!
木のおっちゃんこと上田 徹さん
おっちゃんと言っても、子ども目線での通称なので、私よりお若い方です。
わたしなんかは、子ども達数人にあれこれ言われると
「キーッ!」となってしまいますが、
そんなことはなく、それぞれに上手にアドバイスして、作り上げてくれるのです。
子ども好きな大人は、子どもにはすぐわかるようです。

親としては、「ひとりで行動させる」と言う、もうひとつの目的があります。
どこで何が起こるかわからない世の中なので
安全上、学区外は子どもだけでは行かない。
と言うきまりがあるのですが、
目的がはっきりしているのと、
信頼できる人に預けれると言う事。
そして下手をすると、親がいないと行動できない子どもにもなりかねません。
なので、ナイショのルール違反です。

田舎に住んでいると、なかなか子どもだけで行動することができないので、
去年の夏、思い切って一人で行かせてみました。
慎重な上の子は、心臓がバクバクだったと思いますが、
とてもいい経験となりました。
去年、一日かけて作った葉っぱのモビール。
f0208288_12581713.jpg


そして今年の夏は、ひとりで行くのは全然大丈夫~。の様子で、
夕方、迎えに行くと、ご近所の方々とも仲良くお話ししていたり、
自分の世界が広がって、一回り大きくなったな。と感じました。

作品は、あれこれ考えていたようですが
2日半かけて「トカゲ」を作りました。
好きな事なので、ものすごい集中力で頑張れるようです。
写真も自分で撮りました。
f0208288_13582242.jpg

f0208288_13581713.jpg

f0208288_13584277.jpg

ここまでの形を作り上げるのは、なかなかです!
もちろん、上田さんのアドバイスなしではできません!
ありがとう!
本人もかなりご満悦の様子でした。
[PR]
by Ps-peas | 2012-09-03 10:50 | 作る-いろいろ

ミシン

f0208288_10542121.jpg

わたしのミシン。
職業用ポータブルミシン JUKI TL-72 
就職した初ボーナスで、新宿オカダヤで買いました。
もちろん中古です。3万~4万だったでしょうか?
わたしのもとに来て、かれこれ20年以上なので、いったい何歳なのでしょう。

服飾専門学校でも、その寮でも、その後友人との生活でも
JUKIミシンを使わせてもらっていたので、何の迷いもなく買いました。
とにかくこの職業用ミシンは
    直線縫いしかできない潔さ!
    縫い目のキレイさ!
    頑丈さ!
     そしてやたら重い・・・下手に持つとぎっくり腰になります。

多機能なコンピューターミシンには故障がつきものですが、滅多に壊れません。
そして、よく使ったな。と油を注すと、スムーズなミシン音&縫いあがりがよみがえります。

たぶん一生使えるミシン。

上の子がまだ小さい頃、商売を辞めることにした父が、
35年以上前に使っていた、たぶん職業用ミシンはいらんか?
と見せてくれたことがありました。
まだ既製服があまりない時代に、それこそセミオーダーなどで使っていたミシン。
デザインも素敵。
欲しい!!けど置くところない!!と諦めましたが、今だ心残りです。

ミシンではないけど、実家のオーブンを新しくオーブンレンジに買い替える時に
オーブンいらんか~?と聞いてくれたこともありました。
たしかリンナイのガスオーブンの初期型だと思います。
中が広く3段で、焼き上がりもとてもよかったものです。
その時も、欲しいしすてるのはかなり惜しいけど、置くところがない・・・
と諦めましたが、やっぱり心残り。
それでなくても道具が多いわたし。
嫁の立場としては、 実家のものはなおさらなかなか・・・なのです。
[PR]
by Ps-peas | 2012-05-16 13:21 | 作る-いろいろ

革のバッグ

かごや布バッグはあるけれど、きちんとしたバッグが欲しい・・・
とずっと思っていました。
参観日やちょっとした会議に持って行ける、自立するA4サイズのバッグ。

うーん。やっぱり革バッグ・・・?!と悩んでいた時に、
勝山に革職人さんがUターンして、ワークショップもされているではありませんか!!
昨年の秋に、子どもがコインケースを作ったLa crieの宮本さんです。

3回に分けての制作になってしまい、先日やっと完成しました。
f0208288_12432095.jpg


わたしは、とにかく悩んでしまう性格で、後悔したくないのでとても悩みます。
デザイン、色、大きさ、革選び、そして、ステッチ糸や内布の色まで・・・
細かいことをいろいろ、いちいち悩むんです。笑
最後に悩んだのは、内布にマグネットボタンをつけるかどうか。
底から開き口までのふんわり丸いラインが素敵なので、
ボタンを付けるとそのラインが崩れると思い、付けないことにしました。

そして、気に入るまで、何度も修正します。
もちろん一発勝負の多い、革なのですが、
最後の内布と本体を合わせる手縫いステッチは、
縫い目や内布の布目が気に入らなくて、何度もやり直しました。

仕上げのコバ磨き&宮本さんに全体を磨いてもらった後の光沢感はとてもキレイ。

自分で気に入っているのは、
 ・底から側面の立ち上がりのライン。
 ・チラリと見える内布
 ・革の存在感&匂い

先日、会議にさっそく持っていきました。(↑写真)
A4のクリアケースも入ります。(曲がりますが・・・)
そして、かなりの収納力!!
会議で頂いた500mlのペットボトル、お財布、ペンケース&手帳、鍵、携帯
おまけにエコバッグまで。
大満足の出来上がりです。

長々とお付き合いくださった、宮本さん。
ありがとうございました。
[PR]
by Ps-peas | 2012-04-20 20:11 | 作る-いろいろ

Living in Arts Project その②

子どもワークショップに続き、大人女子ワークショップです。
子どもは何度も参加している、ウッドカーヴィングワークショップ。
今回はママ4人で、参加しました。
松岡亭が、午後のまったりしたファミレス化していましたが・・・

講師は上田 徹さん。
実は、私も初参加なので楽しみに参加してきました。

こんなのにしたいと言うアバウトなイメージを描き、それを上田さんと細かく決めます。
こんな感じ・・・!?を形にする上田さんの力ってすごい!!
f0208288_2032993.jpg
Kさんはツバキをイメージ。
花びらが一枚一枚重なった感じを表現しています。


f0208288_2031191.jpg
作品が完成しました。
今回参加した中で、一番時間がかかった
力作です。
とても存在感がありながら、木の優しさと
女性らしさが素敵です。



f0208288_20102254.jpg
Kちゃんはいちょうの葉をモチーフにしました。
上田さんのアドバイスで、立体感のある葉っぱになりました。


f0208288_20123345.jpg
完成作品。
和のイメージもあるので、着物にも合いそうです。
だんだんと木目が出てきて、つやつやに仕上がるのを感激していたKちゃん。
愛着のある作品となったようです。



f0208288_2113285.jpg
午後から参加のMさん。
シンプルにしずくをイメージした作品。
ネックレスでも、
ヘアゴムでも使えるようにと
穴を開けた感じも素敵です。
途中、天津甘栗に見えるなぁ・・・
と言いながら進めましたが
完成した作品はちゃんと「しずく」です。


f0208288_21212962.jpg
わたしは、以前上の子が作った
トリのかけらを使って
トリのブローチを作りました。

体験してみて、面白さを体感!
手がブルブルするくらい
夢中に作業してしまいます。

でも、口もしっかり動く女性陣。
口に抜けていなかった・・・かしら???
[PR]
by Ps-peas | 2011-11-10 20:16 | 作る-いろいろ

Living in Arts Project

真庭市勝山で開かれていた「Living in Arts Project」
11月3日に行ってきました。

勝山がいつもに増してアートの町となっていて、楽しい♪
今回は岡野屋旅館での、レザーコインケースの
ワークショップに子どもが参加しました。
今回の岡野屋さんは、2階も開放され、
見晴らしのいい窓辺でのんびりするのもここちよいものです。

講師は宮本祐樹さん。
2010年に勝山へ帰って来られたそうです。
近いうちに町並み保存地区にお店を開かれるそうなので、これまた楽しみ!


f0208288_921782.jpg
上の子は、穴あけ&レース編みコース
←穴あけに挑戦中!
集中して、気合を入れて頑張りました。
ボタン付けにも挑戦しましたよ!

下の子にはちょっと難しそうなので
レース編みだけのコースにしました。
サインを入れて、レザーにオイルを塗っています。



f0208288_2054265.jpg
約1時間ほどで完成!
首からかけられる長さに仕上げてもらいました。


年月が経つほど、味わいのあるコインケースになるでしょう!
大切に使ってほしいものです。
ま。もし飽きたら母が使います。笑

でも、こんな本格的なワークショップを楽しめる環境ってありがたい!!
「子どもの頃に、こんなことして見たかった~」と夫。
宮本さんとわたしも思わず頷いて笑いました。
[PR]
by Ps-peas | 2011-11-09 09:24 | 作る-いろいろ

ウッドカーヴィング ワ-クショップ

わたしが手づくり市に行っている間、
子ども達&夫はワークショップに参加しました。
指導は子ども達が大好きな「木のおっちゃん」ことB/ss 上田 徹さん。
GWは勝山町並み保存地区で、期間限定ショップ&ワークショップをされています→こちら

今回は、去年の秋に上の子の作品をみた男の子3人も参加です。
わたしもそばで見たいなぁ・・・
とどんな作品が出来上がるのか、その工程を見たくて仕方がない!

上の子の仕上がった作品がこちら
f0208288_812862.jpg

今回は鳥の置物を作るんだ!!とはりきっていました。
前回の経験があるので、細かいデザイン画を描き
「ボクは足をはめ込もうかと思ったんだけど、
  おっちゃんがそうせん方がかっこええって。」
となんともいい感じの足になっています。
子どもの感性を生かしながら、上手にアドバイス&手を加えて下さり
置物ではなく、ネクタイピンをつけて完成品となりました。
上田さん。今回もたくさんありがとう!!
すっかりわたしのお気に入りとなっています。(笑)

そして、子ども4人の守りは大変だから・・・と夫につきあってもらったのに
子どもより自分の世界に入ってしまった夫。
「Hさん。すごいことになってるよ。」と
一緒に参加した子どものママ達から途中経過は聞いていました。
夫の作品はこちら
f0208288_8143476.jpg

サメです。
本当はこんなことが好きなんだろうな・・・とは思っていましたが
ここまでの作品を作るとは、驚きました!
立体に仕上げるのは、わたしは苦手なので、この立体感に感心します。
ライトを当てた時の陰影がまたステキ!

子ども達も夫も、充実した時間&完成度の高い作品ができて大満足の様子でした。
わたしもしたいなぁ・・・
上の子の鳥の半分のかけらを仕上げたいです。

[PR]
by Ps-peas | 2011-05-02 22:03 | 作る-いろいろ

ウッド・カーヴィング体験工房

以前から上の子が行きたがっていた体験工房。
岡野屋旅館プロジェクトの一室で行われました。
f0208288_1154293.jpg

講師はB/ss上田徹さん。
何度かお会いしているので、子どもたちも慣れていて
「木のおっちゃんのとこ行こう!」
と言うくらい子どもたちが大好きなお人柄。
子どもは遊んでくれる大人が大好きです。

デザイン画は半年前から描いていて、その中から魚をチョイス。
木を選び、それにエンピツ描きしたものを上田さんが形作ってくれます。
f0208288_1161682.jpg
それを自分で削リます。
かなりの集中力で、自分の世界に入っていました。
細かいところも、上田さんが上手に聞いてくれて自分でチョイス!


ちょっと危ないかな?と言うところは横で見守りましたが、なかなか器用にこなすので
後半は放っておいてもOKで、自分で頑張っていました。

f0208288_1110107.jpg
最後のサインは自分でデザインしたものを、上田さんにお願いして入れてもらいました。


f0208288_11141988.jpg
f0208288_1116616.jpg
ケヤキベースに目は紫檀を埋め込んでいます。

口の開き具合がかわいい。
しっぽのラインも自分で削って入れました。
この時、機械の力に手が負けて、線がぶれたのもいい味です。





サインはこんな感じ。
ぐっと完成度が高まりました。
いいツヤが出ていますね~。


とても子どもが仕上げたと思えない出来上がり!
上田さんありがとう!!
子どもの工作ではなく、ここまで本格的なモノ作りを体験させてもらって、
とてもいい経験となりました。
大人3人に混ざって制作している我が子の様子は、なかなかでした。
クリエイティブな空間に感動!

すでに次回作の案も決まっている様子。
そしてこれを見た子どもたちも挑戦したがっているそうです。
また行きます!
そしてわたしも挑戦しますよ!!
[PR]
by Ps-peas | 2010-11-11 11:28 | 作る-いろいろ

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー教室に参加しました。↓完成品
シックな秋カラーです。
f0208288_17124531.jpg

プリザーブドフラワーは「長期間保存できる花」と言う意味でだそうで
ドライフラワーと違い、柔らかさが残っていて
生花と間違えるほど自然な仕上がりです。

比べてしまうと、やっぱり香りある生花、命ある生花がいいな。
と思いますが、長い間楽しめるのは魅力です。

千後さんに指導していただくのは、これで4回目。
カフェてぁつながりで、知り合うことができました。
「してみたかった!」
「興味があった!」
と言われる方がたくさん。
定員を上回るほどの人気で、中学生~幅広い年代の女性が集まりました。

プリザーブドフラワーは、茎が短くカットされているので、
アレンジメントする前に茎をワイヤリングするなどのクラフト的要素もあります。
今回は秋カラーのバラ・あじさい・ユーカリが主な花材で
バラにはそれぞれヘーゼルナッツ・パンナコッタ・ライトカフェなんて
素敵な名前がついています。
f0208288_1710332.jpg

みなさん千後さんに指導してもらいながら
もくもくとワイヤリングし、アレンジメントしていきます。
(その過程は、夢中になりすぎて撮影するのを忘れました。)

同じ花材でも一つとして同じ作品はなく、それぞれ個性があって
素敵な作品ができました。
f0208288_17104064.jpg

[PR]
by Ps-peas | 2010-10-12 13:32 | 作る-いろいろ

モビール作り

昨年に続き、今年もママ達に簡単モビール作りをさせていただきました。
昨年の様子はこちら
f0208288_1885243.jpg
小さいお子さんがいるママ達なので、
1時間で完成させるため
吊るす型は、この企画をしてくれたMちゃんが、フレステッドモビールを参考に
ゾウ・気球・トリの三種を用意してくれていました。
型の下準備が大変です。
ママ達が配色を考えながらチョキチョキ・・・ペタペタ・・・



わたしはワイヤーの準備をして行きました。
簡単なものと言うリクエストだったので、
真ん中に凹凸を付けた2本のワイヤーを十字に合わせるだけ・・・簡単です。
それをS字ワイヤーと糸でつなげて、4方に型をぶら下げたら完成です。


窓を開けると、すこし風がきつかったので、
ゆらゆら・・・ではなく、ばたばたしてしまいましたが
それぞれ吊るす長さや型に工夫をしてくれて、どれもかわいい出来上がりとなりました。
f0208288_18195640.jpg

f0208288_18201583.jpg


こちらもバランスだけ取ればいい簡単モビール。
f0208288_13453173.jpg

吊るす高さも変わるし、支点?が2点になるので動きがおもしろい!
次回があれば、これに挑戦してもらうのもいいかも?
さらにアレンジしたのがこちら
[PR]
by Ps-peas | 2010-10-06 18:26 | 作る-いろいろ

持つべきものは・・・

道具!
最近はまっているビニールコーティング地。
やっぱりテフロン押さえがいる!と手芸屋さんに行ってみるものの
職業用ミシンの押さえは取り寄せ・・・
取り寄せるなら通販で。
と買いました。

いやー。やっぱり目的に適した道具は揃えなくては!!
今までの苦労は何?と思うほど、スイスイ縫えます。
マチ針の変わりにクリップで押さえながら縫っています。
f0208288_17214149.jpg


次はコンシールファスナー用の押さえ。
そしてボタンホールの押さえも欲しい!!
(コンピューターミシンを買ったほうが安いのかも?)

そしてこれ。石です。
f0208288_1722324.jpg

何に使うかと言えば、カシメの台にします。
硬い適当な大きさの台が見つからず、義父に相談したら
川にある青い石が硬くていいよ。と教えてくれました。
そのうち割れるとは思いますが、生地を裁断するときの重しにもなるし
おまけに置いてある姿がかわいいです。
この石は、川ではなく、義父が田んぼの水はけを良くするためにした排水工事の時に、
田んぼから出てきた石たちの山の中にあったそう。
「割れたらなんぼでもあるで。」と義父が笑いながら差し出してくれました。
[PR]
by Ps-peas | 2010-03-28 15:32 | 作る-いろいろ