京友禅の袱紗

f0208288_13162216.jpg

おめでたいことがあって、やっと使うことができた袱紗。
二年前勝山のひしおで、京都の川邉善司先生の手描き友禅技法染付ワークショップで手掛けたものです。
しばらく、袱紗を持ってお祝いする事がなくて仕舞い込んでいました。

当日、用意されていた絵柄は糸巻き、桜、鯛(だったように思います。)
わたしはお祝い事に使おうと「メデタイ」の鯛を選びました。

お腹の部分のグラデーションは、先生にお願いしたのでいい感じです。
他の参加者の皆さんはピンク系のグラーデーションをお願いする中、
わたしだけグリーン系・・・先生に「黒鯛やなぁ。」と言われました。

もっとこの袱紗の出番がありますように!
[PR]
by Ps-peas | 2013-03-28 17:26 | 日々
<< 裂き織バッグ こども服 >>